紫外線について

紫外線とは

紫外線(UV)は気にしていても詳しいことは知らないという人が多いようです。
まず紫外線にはUVAとUVBとUVCの3種類があります。
この中で人の肌に影響を与えるものはUVAとUVBです。
UVCは地上に届かない紫外線なので人への被害はありません。

肌にじわじわとダメージを与える紫外線がUVAです。
降り注ぐ紫外線の90%がUVAで残りの10%がUVBとなります。
UVAから受けるダメージは蓄積型で急激なダメージはありません。

しかしメラニン色素を酸化させるので肌を黒く変色させます。
また肌の奥深くまで入り込み弾力を減らしたりハリを失わせ肌トラブルを引き起こす紫外線です。

反対にUVBは量は少ないですが肌へのダメージはとても大きい紫外線です。
日焼けをした時の症状はこの紫外線が原因となっています。
肌だけではなく細胞にまでダメージを与える強い紫外線です。
この2種類の紫外線を浴びることで、肌の変色・しみ・そばかすなどの肌トラブルが引き起こされるのです。

紫外線が肌に与える影響

ひなたぼっこや夏の海で肌を焼くことを楽しんでいる人はたくさんいます。
しかし喫煙と同じく百害あって一利なしと言われる紫外線は多くのトラブルを引き起こします。

紫外線はDNAを傷つけるので発癌作用があります。
細胞が傷けられ修復しようと作用しますが、突然変異することがあり癌が生まれるのです。
また紫外線をたくさん浴びることで体は防御態勢に入りメラニン色素を多く作りだすようになります。

メラニン色素が増えることでしみやそばかすができたり肌が黒くなったりと肌トラブルを起こします。
そして紫外線は肌のバリアすらも壊すため保湿が乏しくなり乾燥にもつながります。
キメが粗くなり水分がどんどん失われ肌荒れやにきびができやすくなります。

紫外線は奥まで侵入するためコラーゲンやヒアルロン酸のバリアも突破します。
そうなると肌のたるみが生じ、しわやしみができるのです。
このように紫外線は肌そのものから奥の真皮やDNAにまでダメージを与えているのです。